ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ごあいさつ

 

[写真]代表取締役会長・CEO 古森重隆(左)、代表取締役社長・COO 助野健児(右)

代表取締役会長・CEO 古森重隆(左)
代表取締役社長・COO 助野健児(右)

富士フイルムグループは、コーポレートスローガン「Value from Innovation」を掲げ、社会課題の解決のための「新たな価値」創出に積極的に取り組んでおります。

富士フイルムホールディングスは、富士フイルム、富士ゼロックス、富山化学工業の3つの事業会社を傘下に持つ、富士フイルムグループの持株会社です。

富士フイルムグループは、デジタル化の進展により、主力事業であった写真フィルムやカラー印画紙といった写真感光材料市場が急速に縮小するという環境の激変を全社一丸となって乗り越え、事業構造の転換を進めてまいりました。現在では、複数の成長事業分野を持つ企業グループへと生まれ変わり、戦略的な飛躍を含めた新たな成長フェーズに入っています。

医療機器や機能性化粧品、サプリメント、医薬品、そして再生医療などからなる「ヘルスケア」、印刷版材料や機器の「グラフィックシステム」、事務用機器・オフィス向けソリューションの「ドキュメント」、放送用レンズやセキュリティ用レンズなどの「光学デバイス」、フラットパネルディスプレイ材料やタッチパネル用センサーフィルムなどの「高機能材料」および、デジタルカメラやインスタントカメラ「チェキ」、フォトブックなどの「デジタルイメージング」を重点事業と位置づけ、積極的にM&A、設備投資、研究開発投資など、経営資源を投入しています。

写真技術の発達の中で長年培った有機化学から半導体、情報科学に及ぶ豊富な知見や、高度なメカトロニクス、独自の創薬力など、富士フイルムグループが持つ先進独自の技術を融合させることで新しい価値を生み出しております。

メーカーとしての存在価値は、先進・独自の技術力により、人々の生活の質の向上に役立つ、真の価値を持つ製品を作り出すこと、そしてその優れた製品を多くのお客様にお届けすることにあります。多くのお客様に使っていただいてはじめて、それら製品の価値、ひいては企業の価値が認められ、我々は売上を作り利益をあげる事ができます。そしてそれを将来に向けて投資して、将来の更なる優れた製品を生み出します。

富士フイルムグループは、「わたしたちは、先進・独自の技術をもって、最高品質の商品やサービスを提供する事により、社会の文化・科学・技術・産業の発展、健康増進、環境保持に貢献し、人々の生活の質のさらなる向上に寄与します。」との企業理念の下、グループ全体での積極的な事業展開を通じ、新たな価値を創り出すことで、これからも社会課題の解決に貢献していきます。

代表取締役会長・CEO 古森重隆

代表取締役社長・COO 助野健児


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る