IR情報開示方針

基本姿勢

富士フイルムホールディングス(以下、「当社」といいます)は、「富士フイルムグループ企業行動憲章」に掲げる原則に基づき、株主・投資家の皆さまとコミュニケーションを図り、経営戦略や財務状況等の企業情報を、適時性・公平性・正確性・継続性に配慮して積極的に発信します。これにより経営の透明性を高めるとともに、株主・投資家の皆さまの当社に対する信頼と適切な評価を得ることを目指します。

情報開示の基準

金融商品取引法等の諸法令(以下、諸法令)、ならびに当社の株式を上場している証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示に関する規則」(以下、「適時開示規則」)を遵守し、これらに基づくディスクロージャーを実践します。諸法令ならびに適時開示規則に定める開示基準に該当しない場合でも、株主・投資家の皆さまの投資判断に実質的な影響を与えると考えられる情報や、当社への理解を深めていただく上で有用と考えられる情報は積極的に開示します。

情報開示の方法

適時開示規則に定める開示基準に該当する情報、ならびに株主・投資家の皆さまの投資判断に実質的な影響を与えると考えられる情報は、東京証券取引所の提供する適時開示規則に従い、同取引所が提供している適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示するとともに、広く情報を伝達できるよう、速やかに当社IRウェブサイト(以下、「当サイト」といいます)にも掲載します。
これら以外の情報についても、当社を理解していただく上で有用であると判断される場合は、アニュアルレポートをはじめとしたIR情報誌の発刊に加え、ニュースリリースの配信や当サイトへの掲載等を通じて積極的に発信します。

沈黙期間

決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、四半期ごとの決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間と定めています。この期間内は、決算に関連するご質問等に対するコメントは差し控えさせていただきます。

第三者が発信する当社関連情報への対応

第三者が発信する、当社の評価・業績予想等を含む各種情報については、当社はコメントや支持をする立場にありません。ただし、その内容に明らかな誤りが含まれており、資本市場への影響が大きいと判断される場合は、誤りを訂正し、正確に伝えるための情報を発信します。

免責事項

開示情報のうち、業績予想および将来の予測等に関する記述は、その時点で入手された情報に基づき判断した予想であり、潜在的なリスクや不確実性が含まれています。従いまして、実際の業績等は、さまざまな要因により、これらの業績予想とは異なることがありますことをご承知おきください。なお、詳しくは「事業等のリスク」をご参照ください。また、開示情報は当社に対する理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、ご自身の判断において行われるようお願いします。

適時開示に係る社内体制

図:適時開示に係る社内体制図。重要情報の報告は法務部門長から社長承認を経て、IR部門長から証券取引所に開示されます。

関連資料

Get Adobe Reader

PDFファイルを閲覧するにはAdobe® Reader®が必要です。