トップメッセージ

[写真]代表取締役会長・CEO 古森重隆(左)、代表取締役社長・COO 助野健児(右)

代表取締役会長・CEO 古森重隆(左)

代表取締役社長・COO 助野健児(右)

[タイトル]イノベーションによる、さらなる企業価値向上を目指して

当社は、社会課題の解決を事業成長の機会ととらえ、社会課題解決のための新たな価値の創出に積極的に取り組むことによって、「持続可能な社会の発展」に貢献し続けることを経営の目標に置いています。2015年度には、経営企画部内にR&D戦略の策定を担う「イノベーション戦略企画部」を設立するなど、新たな価値創出のための組織の整備を着実に進めてきました。このような組織を活用するとともに、先進・独自の技術や、オープン、フェア、クリアな企業風土など、企業価値の源泉となる当社グループの資産を最大限に生かしながら、革新的な製品・サービスを社会に提供していきます。

また、当社は2015年10月に公表したコーポレートガバナンス・ガイドラインにおいて、持続的な成長と企業価値の向上を実現するための基盤として、コーポレートガバナンスを経営上の重要な課題に位置付けています。当社はこれまでも中長期的視点に立った事業構造転換を通じて、コーポレートガバナンス・コードが求める、迅速・果断な意思決定を行う攻めの経営を実践してきました。構造転換を経て、次の成長を実現させるための戦略的な飛躍を目指す新しいフェーズに入った今、引き続き、株主・投資家の皆様をはじめとするステークホルダーとの継続的なコミュニケーションを行いながら、イノベーションによって企業価値を向上させていきます。

今後とも、当社グループへの変わらぬご支援をお願い申し上げます。

2016年7月
代表取締役会長・CEO
古森 重隆
代表取締役社長・COO
助野 健児