ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


事業ごとのCSR活動の紹介

 

富士フイルムグループの経営計画の重点分野について、事業ごとにご紹介します。

富士フイルムは1930年代からX線フィルムを通じて医療とかかわってきました。以来、技術を高め領域を広げ、予防~診断~治療までの総合力を備えたヘルスケア事業は、グループの重要な成長分野となっています。

ライフサイクル全体を見据えたCO2負荷削減などの環境負荷低減の取り組みを紹介します。


新世代をリードするさまざまな環境配慮を取り入れた製品づくりをしています。

薄型テレビやパソコン・モニター、携帯電話などさまざまな電子製品に使われている液晶画面。富士フイルムは1970年代から、高品質・高機能なフィルムの供給によって液晶ディスプレイの普及拡大を支えてきました。


デジタルカメラの販売は新興国で大きく伸びる一方、高付加価値商品の提供も求められています。新興国でのエントリーモデルを中心とした商品展開とともに、特徴ある独自商品や高付加価値商品の提供でブランド力向上を目指しています。

カメラ付き携帯電話用レンズ、テレビカメラ用レンズ、デジカメ用レンズ、セキュリティカメラ用レンズ。世界的に需要が拡大する成長市場で、高精細な画像を求めるニーズに対応したトップシェア製品が登場しています。




ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る