ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します



サステナビリティレポート2009 アメリカでのCSR活動

 

※このページはサステナビリティレポート2009の記事内容です。

アメリカ市場でも社会的責任を果たし、人々の生活の質の向上に寄与

40数年前わずか6人の従業員から始まった富士フイルムのアメリカでのビジネスは、今では約6,000人の従業員を抱えるまでに成長しました。ここでは、アメリカ合衆国の従業員によって展開されるCSR活動を紹介します。

32州、約100以上の拠点で展開されるアメリカ合衆国でのCSR活動

[写真]CSR活動を伝える冊子

CSR活動を伝える冊子

富士フイルムがアメリカに進出したのは、1965年のことです。ニューヨークにあるエンパイアステート・ビルのオフィスで、わずか6人でスタートしました。それから40年以上の時が流れ、約6,000人の従業員を抱えるまでに成長しました。現在、17ある関係会社では、研究開発、製造、販売、およびサービスサポートを含めると100以上の拠点になり、32の州で事業を展開しています。その事業内容も日本と同様に、インクジェット印字ヘッド、UVインク、半導体関連の電子材料などの製造から、刷版・印刷システムや医療画像処理診断システムのソフトウエアソリューション、販売、さらに技術サービスやサポートに至るまで多岐に渡っています。現在のアメリカでの年間売上は富士フイルムグループの約15%を占めるまでになり、グループにとってアメリカは重要な市場になりました。

富士フイルムグループが、アメリカで事業を展開する上で、日本と同様に社会的責任を果たすことは企業として当然のことであり、アメリカにおいても、 各社はCSR活動に取り組んでいます。特に、環境保全活動、従業員の健康・労働安全衛生活動については、FUJIFILM Holdings America Corporationのガバナンスのもと、積極的に取り組んでいます。CSR活動に関する情報は、冊子にまとめ配布しています。

富士フイルムグループのアメリカ拠点

[図]富士フイルムグループのアメリカ拠点

富士フイルムグループのアメリカ拠点で、製造されている製品や部品

[写真]インクジェット印字ヘッド関連

インクジェット印字ヘッド関連

[写真]半導体関連

半導体関連

[写真]印刷関連

印刷関連


アメリカにおける評価や表彰など(2008年度)

対象 評価や賞の名称 内容 授与団体
FUJIFILM U.S.A., Inc. “Sustainability Award”and“2008 Supplier of the Year” 製品・サービス
(サービスおよび顧客対応の品質)
Walmart
FUJIFILM Medical Systems U.S.A., Inc. KLAS Awards 製品・サービス
(The Velocity SpeedSuiteR a Fujifilm DR (FDR))
KLAS
FUJIFILM Recording Media U.S.A., Inc. “Supplier of the Year Award” 製品・サービス
(品質、納期、技術提供など)
Vision Business Products, Inc.
FUJIFILM Electronic Materials U.S.A., Inc. Intel Corporation’s PreferredQuality Supplier 2009 製品・サービス
(半導体製造の品質、納期、技術など)
Intel
FUJIFILM Imaging Colorants, Inc. Canon Green Procurement Standards Achieved 製品・サービス
(製品管理と安全性)
Canon

※このページはサステナビリティレポート2009の記事内容です。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る