ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


取り組み内容の紹介

 

ステークホルダー・ダイアログは、ステークホルダーとの対話を通じ、「富士フイルムグループの社会的責任(CSR)」について従業員自らが考え、その課題を抽出し共有する場です。

2015年度は人権の取り組みについてNGOから意見をいただくダイアログや、従業員と家族のコミュニケーションを促進する職場見学会を開催。地域のステークホルダーとの「環境対話集会」では積極的な情報発信を行っています。

現場力アップに「G-up」浸透に向けた社員との話し合いや、初めて九州で行った地域との対話集会を開催。中国では独自のレポートで地域の取り組みを発信しました。

国内事業所では毎年、地域住民との対話を行っていますが、2014年1月にはステークホルダーと新たな価値を共創する場を本社に開設しました。また中国では「持続可能な緑」をテーマとした発表会や中国に特化したサステナビリティレポート発行で積極的な情報発信を行っています。

印刷業界に係わる研究者に対して環境への意識や取組みを強化するため有識者やお客さまを招いて行ったパネルディスカッション形式のダイアログや、神奈川県開成地区にある富士フイルムグループ4社が初めて合同で行った環境対話集会についてご紹介します。

長期目標「CO2排出量をライフサイクル全体で2020年度までに30%の削減では、企業として温暖化防止に貢献するため、「ライフサイクル全体でCO2排出量を削減する」、「絶対量でCO2量を抑制する」という考え方を採用しました。

富士フイルムグループの変革を前進させるべく2008年からスタートした「FF/FXシナジー研修」。この1年の研修開催の成果を今後に生かすため、ステークホルダー・ダイアログを開き議論を交わしました。なお、本ダイアログの詳細は社内イントラを活用して、グループ内に開示しています。

2008年に実施したステークホルダー・ダイアログは、重要な課題(環境配慮印刷、製品の環境負荷低減、生物多様性、人的多様性)に焦点を絞り、6回開催しました。各ダイアログの詳細をご紹介します。

関連情報

生活の質の向上を目指す、わたしたちの企業理念をご紹介します。

人々の生活の質の向上と、社会の持続可能な発展に貢献するために。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る