ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


サステナビリティレポート2007

 

[写真]サステナビリティレポート2007

全文のダウンロード

前文

  • トップコミットメント
  • 編集方針
  • 事業概要

ダウンロード

特集 クォリティ オブ ライフ向上への実践

  • 製品・サービスを通じたクォリティ オブ ライフの向上
  • 社会とのかかわりを通じたクォリティ オブ ライフの向上
  • コミュニケーションを通じたクォリティ オブ ライフの追求

ダウンロード

持続可能な発展を目指して

  • CSR活動の概要と今後に向けて
  • CSRの重要テーマの抽出
  • ステークホルダー・ダイアログ2007

ダウンロード

CSR経営

  • CSR経営にあたって
  • コーポレート・ガバナンス
  • コンプライアンスとリスクマネジメント
  • マネジメントシステム
  • 海外サイトのCSR活動

ダウンロード

社会性報告

  • ステークホルダーとのかかわり
  • お客さまとのかかわり
  • 株主・投資家とのかかわり
  • 調達先とのかかわり
  • 従業員とのかかわり
  • 社会貢献活動

ダウンロード

環境報告

  • 環境活動推進にあたって
  • 富士フイルムグループ グリーン・ポリシー
  • 事業活動と環境負荷
  • 環境配慮設計
  • 化学物質管理
  • 地球温暖化防止
  • 物流での環境配慮
  • 省資源への取り組み
  • 化学物質の排出削減
  • 大気・土壌・水系への排出削減
  • サステナビリティ会計
  • 環境コミュニケーション

ダウンロード

巻末情報

  • 社外からの評価・表彰・クレーム
  • AA1000保証基準の観点による第三者の評価コメント
  • 第三者審査報告書
  • 索引

ダウンロード

編集方針

富士フイルムホールディングスサステナビリティレポート2007」は、富士フイルムホールディングスとして発行する初めてのレポートです。富士フイルムホールディングスは、富士フイルムグループのCSR(企業の社会的責任)活動を支援していきます。わたしたちのCSR活動をステークホルダーの皆さまにお伝えするため、このサステナビリティレポートにまとめました。

特集 クォリティ オブ ライフ向上への実践(P.9~26)では、企業理念で掲げる「クォリティ オブ ライフの向上」を実践する取り組みをご紹介しています。
「持続可能な発展を目指して」(P.27~28)では、「富士フイルムグループのCSRの考え方」をご紹介するとともに、「CSR経営」「社会性活動報告」「環境活動報告」の3部構成とし、今年度の活動進捗を中心にして、ステークホルダーの声に対応した CSRの取り組みと成果をご報告しています。

報告書の対象期間

パフォーマンスデータは、2006年度(2006年4月~2007年3月)が集計対象期間です。
活動内容は2007年度も含め、できるだけ最新の動向をお伝えしています。

報告書の対象組織

富士フイルムグループ(富士フイルムホールディングス、富士フイルムと富士ゼロックス、およびそれぞれの関係会社)主な連結対象会社は、こちら記載している企業です。

  • 社会性活動報告「従業員とのかかわり」は、基本的に富士フイルム単独のデータです。
  • サステナビリティ会計はこちらに記載している富士フイルムと富士ゼロックス、および富士フイルムの国内関係会社が対象です。

参考にしたガイドライン

  • 環境省「環境報告書ガイドライン(2003年度版)」
  • GRI「サステナビリティ・リポーティング・ガイドライン2006」
  • 環境省「環境会計ガイドライン(2005年版)」

※PDFファイルを閲覧するにはAdobe® Reader®が必要です。詳しくは「プラグインについて」をご覧ください。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る