ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


CSR視点からの検索・ESG

 

環境(E)社会(S)ガバナンス(G)の視点から富士フイルムグループの考え方や主な活動について検索できます。


分類 項目 該当箇所 サステナビリティレポート2016
環境(E) マネジメント 基本的な考え方・目標 トップコミットメント P.4-5
富士フイルムグループのCSR P.9, P.10-11
企業行動憲章 「4.地球環境を守るために」  ― (P.7
行動規範 「環境の保全・保護」  ― (P.7
グリーンポリシー(環境方針)  ― (P.57)
重点実施事項 P.63
管理体制 CSRマネジメント P.57
マネジメントシステムの活用  ―
中期計画 社会課題貢献:SVP2016推進方針1「環境」 P.20-21
事業プロセス対応:SVP2016推進方針2「生産活動などの事業プロセスにおける環境課題への積極的な取り組みを推進」 P.24-33
環境負荷の全体像 マテリアルフロー P.25
イニシアティブへの参加 主な加入団体「日本UNEP協会」  ―
環境会計 サステナビリティ会計「環境会計」 P.68-69
法令違反・クレーム内容 法規制への対応 P.66
第三者検証 第三者検証報告書(CO2排出量-SCOPE1・2・3、エネルギー使用量、廃棄物、VOC、取水量・排水量) P.70
問い合わせ窓口 CSR(企業の社会的責任)に関するお問い合わせ 裏表紙
サプライチェーン 基本的な考え方・目標 推進方針3重点課題3「CSR視点でのバリューチェーン・マネジメントの強化」 P.43-48
調達方針  ― (P.57)
お取引先との協働 CSR調達ガイドライン(富士フイルム)  ―
紛争鉱物 紛争鉱物 P.45
コミュニケーション 推進方針3重点課題3「CSR調達活動の強化」 P.43-48
リスクアセスメント 推進方針3重点課題3「CSR調達活動の強化」 P.43-48
気候変動 基本的な考え方・目標 社会課題貢献:推進方針1「環境」重点課題1「地球温暖化への対応」 P.20-21
事業プロセス貢献:推進方針2重点課題1「地球温暖化対策の推進」 P.26-29
サプライチェーン管理 マテリアルフロー P.25
プロジェクト エネルギー戦略推進委員会 P.27
環境会計 サステナビリティ会計「環境会計 P.68-69
環境データ 製品のライフサイクル全体でのCO2排出量の推移など P.26-27
環境に関する情報 P.63-66
経営層の関与 富士フイルムグループのCSR推進体制 P.56-57
対応策 推進方針2重点課題1「地球温暖化対策の推進」 P.26-29
省エネ施策 エネルギー戦略の継続的推進 P.27
適応策 推進方針1 「環境」重点課題1「地球温暖化への対応」 P.20-21
第三者検証 第三者検証報告書(CO2排出量、エネルギー使用量) P.70
基本的な考え方・目標 社会課題貢献:推進方針1「環境」重点課題2「水問題への対応」 P.20
事業プロセス対応:推進方針2重点課題2(3)「水リスクへの対応」 P.30-31
水利用削減施策 推進方針2重点課題2資源循環の促進「水リスクへの対応」 P.31
リスクアセスメント 水資源が及ぼす自社ビジネスへの影響評価マップ(グラフ) P.31
水の投入量の地域別割合(グラフ) P.65
水利用(再利用)データ 水の投入量、リサイクル量及び排水量の推移(グラフ) P.65
第三者検証 第三者検証報告書(取水量・排水量) P.70
汚染 基本的な考え方・目標 推進方針2重点課題2「資源循環の促進」 P.30-31、33
推進方針2重点課題3「製品・化学物質の安全確保」 P.32
廃棄物 推進方針2重点課題2「廃棄物削減の取り組み」「商品の廃棄ゼロへの取り組み」 P.30-31
省資源対策(廃棄物発生量、有価物量の推移、廃棄物の主なリサイクル方法) P.65
汚染防止 推進方針2重点課題3製品・化学物質の安全確保 P.32
化学物質排出量削減、汚染防止対策 P.66
法令違反・クレーム 法規制への対応 P.66
第三者検証 第三者検証報告書(廃棄物、VOC) P.70
資源・エネルギー 基本的な考え方・目標 推進方針2重点課題2資源循環の促進 P.30-31、33
エネルギー削減対策 エネルギー戦略の継続的推進 P.27
エネルギー使用量の推移 P.64
資源の有効利用 推進方針2重点課題2資源循環の促進 P.30-31
省資源対策(再資源化量、有価物量の推移など) P.65
第三者検証 第三者検証報告書(エネルギー) P.70
環境データ 環境側面に関する情報 P.63-66
第三者検証 第三者検証報告書 P.70
社会(S) マネジメント 基本的な考え方・目標 トップコミットメント P.4-5
富士フイルムグループのCSR P.9, P.10-11
企業行動憲章 「3.あらゆる人権を尊重するために」、「5.社員が生き生きと働くために」  ― (P.7
行動規範 「基本的人権の尊重」  ― (P.7
各種方針(社会貢献、調達、品質、労働安全衛生など)  ― (P.57)
重点実施事項 P.63
管理体制 CSRマネジメント P.57
マネジメントシステムの活用  ―
中期計画 社会課題貢献:SVP2016推進方針1「健康」「生活」「働き方」 P.12-19P.22-23
事業プロセス対応:SVP2016推進方針3「企業活動を支えるCSR基盤をバリューチェーン全体にわたり強化」 P.34-49
イニシアティブへの参加 NPO/NGOへの事業支援「認定NPO法人共存の森ネットワーク」など p.46
労働環境・社会会計 サステナビリティ会計 P.68-69
第三者検証 第三者検証報告書(人事・労務データ、マテリアリティ) P.70
問い合わせ窓口 CSR(企業の社会的責任)に関するお問い合わせ 裏表紙
労働 基本的な考え方・目標 SVP2016推進方針1「働き方」 P.22-23
SVP2016推進方針3重点課題1グローバルなコンプライアンス意識の向上とリスクマネジメントの徹底「労働安全衛生・健康管理」 p.38
労働安全衛生方針  ― (P.57)
ダイバーシティへの取り組み SVP2016推進方針1「働き方」重点課題2「ダイバーシティの促進」 P.22-23
SVP2016推進方針3重点課題2「多様な人材の育成と活用」 P.40-4247
労働に関する取り組み 障がい者雇用 p.61-62
ワークライフバランスに関する制度 p.61-62
サプライチェーン 調達方針(お得意先へのお願い「基本的人権の尊重」【労働者の権利】【強制労働と児童労働の禁止】【賃金】など)  ― (p.35)
人事・労務データ 人事労務に関する情報 p.61-62
第三者検証 第三者検証報告書(人事・労務データ) P.70
健康と安全 基本的な考え方・目標 SVP2016推進方針1「健康」 p.13-16
SVP2016推進方針3重点課題1グローバルなコンプライアンス意識の向上とリスクマネジメントの徹底「労働安全衛生・健康増進」 p.38
労働安全衛生方針 ― (P.57)
従業員の参画 労働安全衛生委員会 p.61-62
労働組合と会社の合意による制度改定実績 p.61-62
マネジメント マネジメントシステムの活用  ―
教育 労働安全衛生教育(FX) p.62
労働災害 労働災害率(強度率、度数率) p.61-62
第三者検証 第三者検証報告書(人事、労務データ) P.70
人権 基本的な考え方・目標 SVP2016推進方針3重点課題1グローバルなコンプライアンス意識の向上とリスクマネジメントの徹底「人権の尊重」 p.39
行動規範 「基本的人権の尊重」  ― (P.7
人権デューディリジェンス SVP2016推進方針3重点課題1グローバルなコンプライアンス意識の向上とリスクマネジメントの徹底「人権の尊重」 p.39
化学・建築材料業において重要と考えている人権課題(図) p.39
人権デューディリジェンスへの取り組みに関するダイアログ p.59
デューディリジェンスの参考にしている枠組み  ―
サプライチェーン 調達方針(お得意先へのお願い「基本的人権の尊重」【労働者の権利】【強制労働と児童労働の禁止】【賃金】など)  ― (P.57)
イニシアティブへの参加 経済人コー円卓会議「ニッポンCSRコンソーシアム」 p.39
サプライチェーン 基本的な考え方・目標 SVP2016推進方針3重点課題3「CSR視点でのバリューチェーン・マネジメントの強化」 P.43-48
調達方針  ― (P.57)
紛争鉱物 SVP2016推進方針3重点課題3「CSR視点でのバリューチェーン・マネジメントの強化紛争鉱物への対応」 P.45
コミュニケーション 富士フイルムグループのステークホルダー・コミュニケーション p.57-59
社会貢献活動 基本的な考え方 社会貢献活動 p.53-55
社会貢献方針  ― (P.57)
活動 世界の社会貢献活動 p.54-55
人事・労務データ 人事・労務に関する情報 p.61-62
第三者検証 第三者検証報告書 P.70
ガバナンス(G) 企業理念 社会課題解決に向けた事業展開 企業理念・ビジョン  ― (P.7
富士フイルムグループ 企業行動憲章  ― (P.7
富士フイルムグループ 行動規範  ― (P.7
コーポレートガバナンス 基本的な考え方及びコーポレートガバナンス体制 基本的な考え方  ― (p.56)
体制  ― (p.56)
取締役会の実効性に関する評価結果の概要  ―
社外役員  ―
役員報酬  ―
コーポレートガバナンス・ガイドライン及びコーポレートガバナンス報告書 コーポレートガバナンス・ガイドライン  ―
コーポレートガバナンスに関する報告書  ―
内部統制に関する考え方 内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況  ―
関連資料 有価証券報告書(日本語のみ)  ―
コンプライアンス 基本的な考え方・目標 富士フイルムグループのコンプライアンス  ―
SVP2016推進方針3重点課題1グローバルなコンプライアンス意識の向上とリスクマネジメントの徹底「コンプライアンス」 p.36-37
体制 推進体制(富士フイルム、富士ゼロックス) p.37
内部通報制度 企業倫理・コンプライアンス推進体制(富士ゼロックスとその関係会社(図) p.37
腐敗防止 SVP2016推進方針3重点課題1グローバルなコンプライアンス意識の向上とリスクマネジメントの徹底「コンプライアンス」 p.37
腐敗防止の取り組み(富士フイルム)  ―
リスク管理 基本的な考え方・目標 富士フイルムグループのリスクマネジメント  ―
SVP2016推進方針3重点課題1グローバルなコンプライアンス意識の向上とリスクマネジメントの徹底「リスクマネジメント」 p.37
体制 仕組み(富士フイルム)・推進体制(富士ゼロックス)の図 p.37
内部通報制度 仕組み(富士フイルム)の図 p.37
BCP 災害時のBCP対策 p.49
ステークホルダー コミュニケーション ステークホルダーコミュニケーション p.57-59
お取引先 SVP2016推進方針3重点課題3「CSR視点でのバリューチェーン・マネジメントの強化」 p.43-4548
顧客 SVP2016推進方針1「健康」 p.13-16
SVP2016推進方針1「生活」 p.17-19
お客様の声を反映した製品・サービス p.50-52
デジタル・インクルージョン p.52

関連情報

2014年度からスタートした、富士フイルムホールディングス中期CSR計画における「策定における基本的な考え方」「策定プロセス」「事業を通じた社会課題の解決に取り組む4つの分野」について紹介します。

人々の生活の質の向上と、社会の持続可能な発展に貢献するために。

富士フイルムグループは、企業とステークホルダー双方の視点に基づきCSR課題を検討し、重点課題の設定と具体的な施策を通して、CSR活動を推進しています。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る