ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


環境

 

[図]環境

※このページはサステナビリティレポート2017の記事内容です。

基本的な考え方

国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の最新報告によれば、「現状以上の温暖化対策を何も行わないならCO2排出量は減少に向かわず、2100年に約4度前後も上がってしまう可能性が高い」と言われるなど、地球温暖化は深刻化しており、世界共通の最重要課題の一つです。また、昨今は水リスクも重要課題として、注目されています。富士フイルムグループは、写真フィルムの開発、製造で培った高機能材料など環境負荷の少ない製品、働き方変革をはじめとしたソリューションで、これら環境課題の解決を目指してきました。

<社会課題>国際社会のリスク

  • 地球温暖化
  • 資源の枯渇
  • 水問題
  • エネルギー問題etc.

[画像]2050年までの温室効果ガス削減量目標(2010年比)

SDGsの目標にも掲げられている気候変動とエネルギー問題。COP21において採択された「パリ協定」では、世界共通の長期目標として2℃目標(産業革命前に比較して気温上昇を2℃未満に抑える)を改めて明記。この目標達成のためには、多様な技術革新と生活者の行動の変化による省エネ対策、さらには電力の脱炭素化を図り、再生可能な低炭素エネルギーの普及を推進していくことが重要となっています。


【重点課題1】 地球温暖化への対応

【目標】

  • 2020年度までに2000万トンのCO2削減に貢献する(2005年比)

【重点課題2】 水問題への対応

【目標】

  • 水汚染の軽減・抑制

【重点課題3】 エネルギー問題への対応

【目標】

  • 環境負荷の少ないエネルギー創出への寄与

[図]関連事業分野

SVP2016総括

3つの重点課題に対し、所期目標を概ね達成しました。

1. 地球温暖化への対応

「2020年度までに2,000万トンのCO2削減に貢献する目標(2005年比)」に対し、1,967万トンのCO2削減貢献量と、「2016年度までで前倒し達成」までもう一歩のところまで、大幅に進展しました。これには、アーカイブデータ保存向けの新世代磁性体バリウムフェライト(BaFe)を使用した大容量データストレージメディア(LTO磁気テープ)、クリニック用ITソリューション(SYNAPSE)、省エネ型複合機、オフィスでの種々の環境ソリューションが大きく寄与しました。

2. 水問題/3. エネルギー問題への対応

フィルトレーション材料や太陽電池用材料など、高機能材料の提供・普及を通して貢献を図りました。

社外から評価を受けた主な環境製品ソリューション

受賞対象 年度 受賞内容
カラー・オンデマンド・パブリッシングシステム

2014

エコプロダクツ大賞
「経済産業大臣賞」
環境負荷低減と高耐久性を実現する
太陽電池用保護フィルム

2014

グリーン・サスティナブル ケミストリー賞
「環境大臣賞」
フルカラーデジタル複合機

2015

省エネ大賞
「省エネルギーセンター会長賞」
セブン・イレブンのマルチコピー機での
カーボン・オフセット

2015

カーボン・オフセット大賞
「優秀賞」
大容量磁気テープを使った省エネルギー型
「テープアーカイブアプライアンス」

2016

省エネ大賞
「資源エネルギー庁長官賞」
低環境負荷・高画質を実現する
革新的トナー技術の開発

2016

グリーン・サスティナブル ケミストリー賞
「環境大臣賞」
アスタリフト(化粧品)購入による
カーボン・オフセット

2016

カーボン・オフセット大賞
「優秀賞」

新CSR計画「SVP2030」に向けて

CO2排出削減に関しては、上記製品のさらなる普及とともに、CO2排出削減につながる高機能材料製品の新たな開発・普及に取り組みます。世界的に深刻化しつつある水問題に関しては、新たに設定した数値目標に向かい、フィルトレーション材料やグラフィックシステムでの廃液削減などにより、水処理への貢献を高めていきます。

※このページはサステナビリティレポート2017の記事内容です。

関連情報

富士フイルムグループの幅広い事業や経営戦略をご紹介します。

人々の生活の質の向上と、社会の持続可能な発展に貢献するために。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る