ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します



富士フイルム・グリーンファンド(FGF)

 

自然環境の保全・活用に関する具体的な研究や、緑地の質的向上を目指した実証研究などを行っている個人や団体に対し、今後の一層の充実のための資金を助成金として支給しています。

2016年度の助成先

緑とふれあいの活動助成

京都府立須知高等学校の「ウィードの森」の生態調査と里山の整備

京都府立須知高等学校 PTA(京都府)

[写真]

名勝・重要文化的景観「おばすて(田毎の月)」棚田の保全活動

田毎の月棚田保存同好会(長野県)

[写真]


はぐくむ、つなげる、つたえる、まもる、谷津田の生きもののいのちのにぎわいとつながり

特定非営利活動法人ちば環境情報センター(千葉県)

[写真]

大淀川の絶滅危惧植物「タコノアシ」の保全活動

NPO法人大淀川流域ネットワーク(宮崎県)

[写真]


緑の保全と活用の研究助成

ドローンとVR技術を活用した里山ランドスケープのモニタリング手法の開発

一ノ瀬友博(慶應義塾大学)(東京都)

[写真]

GPS首輪を用いた積雪地域におけるイノシシの行動特性

山本麻希(NPO 法人新潟ワイルドライフリサーチ)(新潟県)

[写真]


遺伝情報を用いた絶滅危惧植物ヤチシャジンの野生集団の再生

渡邉園子(広島大学大学院)(広島県)

[写真]

外来アライグマの営巣特性調査と対策コスト削減のための巣箱型ワナの開発

池田透(北海道大学大学院)(北海道)

[写真]


2015年度の助成先

緑とふれあいの活動助成

『多摩川のケヤキと共生する会』青梅市多摩川流域のケヤキの食葉性害虫からの救済と緑陰の維持

たまあじさいの会(東京都)

[写真]

「松代おやっこ村」魅力アッププラン

松代おやっこ村(新潟県)

[写真]


奈良県レッドデータブックに記載されている自生山野草の保全と管理

里山の山野草を守る会(奈良県)

[写真]

野焼きボランティアのための難燃性ゼッケン製作

全国草原再生ネットワーク(島根県)

[写真]


市民調査による岩手県の植物相の研究

鈴木まほろ(岩手県立博物館)(岩手県)

[写真]

緑の保全と活用の研究助成

希少動物アマミノクロウサギ保全に向けた分子遺伝学的アプローチ

溝口康(明治大学農学部)(鹿児島県)

[写真]

対馬に生息する希少植物種を保全するための植生回復および栽培試験に関する調査研究

東浩司(京都大学大学院理学研究科)(長崎県)

[写真]


サクラにおける効率的な挿し木繁殖法の確立およびサクラ遺伝資源の保存・管理に関する基礎研究

田中秀幸(島根大学)(島根県)

[写真]

1984~2014年度までの助成先

2014年度

[写真]

  • 小笠原諸島、西島の森林再生(東京都)
  • 愛子子どもの森の保全とふれあい活動(宮城県)
  • ロープ魚礁とアマモによる生態系の創出活動(山形県)
  • 鹿児島県出水市における保護ツルの臨床検査
    -野生復帰羽数の増加を目指した臨床研究-(鹿児島県)
  • 琉球列島中部域における造礁サンゴの新規加入幼生の種多様性と遺伝学的集団構造に関する研究(沖縄県)
  • 奄美諸島における希少野生植物の繁殖に関する生物相の基礎的研究(鹿児島県)
  • 東日本大震災の津波被災地における地域農業資源の保全に関する実証研究(宮城県)

2013年度

[写真]

  • 3次元GISモデルを用いた八王子滝山里山保全地域の環境モニタリング活動(東京)
  • 日本に留学している大学生の中山間地域における日本文化体験プログラム(埼玉県)
  • 来浜者の踏圧がウミガメのふ化におよぼす影響についての調査(鹿児島県)
  • 「家族で学ぼう 福島環境教育エコツアー」開催事業(福島県)
  • 石川県沿岸に生息する絶滅危惧種イカリモンハンミョウの生態解明と保全対策の検討(石川県)
  • 北海道平野部における野生生物による防風林の利用状況に関する研究(北海道)
  • 身近な自然体験の教育的効果の検証~多摩市内の里山環境を生かした教育実践の総合的調査~(東京都)
  • 「震災後の増田川から持続可能な地域社会へのアプローチ」~丘陵地から津波にのみ込まれた河口までの身近な自然を見つめ直す~(宮城県)

2012年度

[写真]

  • 大人も子どもも谷戸で楽しく自然体験(神奈川県)
  • 伝統的循環型農業の復活と自然素材を活かした古民家再生によるツシマヤマネコと共生する村づくり(長崎県)
  • 多摩川における外来魚調査及び外来種問題啓発活動(神奈川県)
  • ラムサール条約登録湿地・伊豆沼・内沼の食物網における放射性物質の濃縮の評価(宮城県)
  • 大分県指定天然記念物カマエカズラの繁殖生態と保全に関する研究(沖縄県)
  • 野生鳥獣の放射能汚染が狩猟者の捕獲活動に与える影響(兵庫県)

2011年度

[写真]

  • 高校生・若者による埼玉県小川町での里山づくりと環境教育活動(東京都)
  • MY大嵐山方式(会員ボランティア)による大嵐山の自然環境保全運動の仕組みづくり(石川県)
  • 牛耕復活による里山のたたずまい再生(新潟県)
  • 「干潟生物の市民調査」手法による八代海のベントス相調査(東京都)
  • 東北太平洋沖地震津波による蒲生干潟周辺域の被害現況調査と海浜性生物の再定着プロセスの解明(宮城県)

2010年度

[写真]

  • 参加型フットパス・ツーリズムの振興による棚田・里山環境の保全とその活用(佐賀県)
  • 生駒市西畑地区の棚田・里山の再生と創造(奈良県)
  • スナメリから見つめる瀬戸内海(岡山県)
  • 福岡市室見川におけるシロウオの産卵環境の解明と住民参加型の保全活動について(福岡県)
  • 琵琶湖固有亜種とされるビワマスにおける遺伝的多様性の変化(滋賀県)
  • 昆虫類を指標とした都市近郊の里山の生物多様性評価手法に関する研究(東京都)

2009年度

[写真]

  • 遊んで学ぶ里山体験(兵庫県)
  • 栗山鳥の下自然公園・ムクロジの里ステップアップ事業(千葉県)
  • カンキョウカジカの生態研究とその保護対策について(富山県)
  • 奄美大島湯湾岳の野生絶滅植物リュウキュウアセビの復元に向けた遺伝解析(京都府)
  • 秋吉台の絶滅危惧植物の保護に向けたゾーニングのための基礎研究(山口県)
  • 中央アルプス山麓の里山に生息する絶滅危惧種ミヤマシジミとヒメシジミの保全に関する(長野県)
  • 京都・平安神宮内の池に生息するイチモンジタナゴの保護(奈良県)

2008年度

[写真]

  • 公園管理と蛍の養殖(群馬県)
  • 湖北野田沼内湖の再生で動き出す琵琶湖のいのちプロジェクト(滋賀県)
  • 身近な地域・自然を学ぶ環境学習の教材化とプログラムの構築(岡山県)
  • ヒサカキの種子散布にかかわる生物間相互作用が三宅島の森林生態系回復に果たす役割(三宅島)
  • 筑後川の支川・小石原川におけるアカザの生態(福岡県)
  • 九重タデ原・坊ガツル湿原における火入れによる土壌環境改変の実態とその効果の検証(福岡県)
  • 休耕田を利用した湿生植物群落の回復(新潟県)

2007年度

[写真]

  • 赤とんぼ全国調査(静岡県)
  • ニッポンバラタナゴを救う伝統的農業水管理法「ドビ流し」の効果(大阪府)
  • 日本におけるカキ礁生態系の研究と保全(神奈川県)
  • 都市的環境で在来種が外来種に駆逐される要因の解明(京都府)

2006年度

[写真]

  • 小網代の森保全推進のためのパトロール活動(神奈川県)
  • 里山と共に育つ学校の森づくり―里山が育つ、里山と育つ、里山から育つ―(奈良県)
  • 名古屋周辺における外来カメ類の現状調査と在来カメ類の保護・保全活動(愛知県)
  • 水田におけるゲンゴロウ幼虫の保全に関する野外調査研究(岡山県)

2005年度

[写真]

  • 研究者と市民の協働による里山の生物多様性保全のための活動および調査(石川県)
  • 田舎暮らしグラウンドワーク・ウスイロヒョウモンモドキの舞う蒜山高原自然再生事業(岡山県)
  • 瀬戸内海の干潟における貝類を中心とした環境指標生物の探索(岡山県)
  • 環境教育機能を備えた学校林の生態管理システムの構築(山形県)

2004年度

[写真]

  • 子供たちとヤマネの巣箱製作、設置、生態と生息する森林生態系の観察と記録(広島県)
  • 霧多布湿原ファンづくりのための木道修復活動(北海道)
  • 金沢市とその近郊の農業用水の生物多様性維持機能を高めるための基礎的研究(石川県)
  • 桂川・相模川水系におけるシジミ類の生息調査および在来種マシジミの保存に向けた繁殖実験(神奈川県)

2003年度

[写真]ケラマジカ

ケラマジカ

  • 林業スクール(埼玉県)
  • 「やまんばの森」の「春の女神」保護活動(滋賀県)
  • 東京都府中市南白糸台小学校「水辺の学校プロジェクト」(東京都)
  • 沖縄県慶良間諸島にみられる貴重な森林生態系の持続敵保全と活用(沖縄県)

2002年度

[写真]底生生物データベース作成の様子

底生生物データベース作成の様子

  • 有明海および島原湾の底生生物データベース作成(熊本県)
  • 多摩川中流域川床の「地層の野外観察」用の観察路と支援システムの構築(東京都)

2001年度

[写真]市街地緑地の種の保存と供給機能の研究

市街地緑地の種の保存と供給機能の研究

  • 大町グランドワークによる上原ビオトープ創出事業(長野県)
  • えひめあやめ指定地その周辺里山整備計画(山口県)
  • 市街地緑地の種の保存と供給機能の研究(神奈川県)

2000年度

[写真]スノーケリングによる海中自然観察会の様子

スノーケリングによる海中自然観察会の様子

  • 野尻湖における水草帯の復元と環境教育(長野県)
  • スノーケリングによる藻場・海中林およびアマモ場を主体とした海中自然観察会(静岡県)
  • 豊かな里山を次世代に残すために(熊本県)

1999年度

[写真]農業体験教室「草の根農業小学校」

農業体験教室「草の根農業小学校」

  • 農業体験教室「草の根農業小学校」の運営(滋賀県)
  • 絶滅危惧植物ガシャモクの保全生物学的研究(千葉県)
  • ニホンザリガニの分布・生息環境とその保全に関する研究(北海道)

1998年度

[写真]「体験の森づくり」活動の様子

森林活動による精神発達障害者の療育効果に関する研究

  • 「体験の森づくり」活動(高知県)
  • 草原・差と山の維持管理技術の啓発と実践による半自然植生の保全(島根県)
  • 森林活動による精神発達障害者の療育効果に関する研究(長野県)
  • 小動物の利用環境として都市残存林を評価する手法の研究と生態ガイドブックの作成(北海道)

1997年度

[写真]多摩ニュータウン19住区の農業公園化構想

手づくりの湿地や水辺の復元活動

  • 里道の修復による赤目の里山の保全(三重県)
  • 手づくりの湿地や水辺の復元活動(静岡県)
  • 多摩ニュータウン19住区の農業公園化構想(東京都)
  • 岡山県内の水草の種類と分布、その環境に関する研究および日本南限のミズアオイの保護活動(岡山県)

1996年度

[写真]高知県宇佐竜蟹ヶ池における水湿植物の保全に関する生態学的研究の様子

高知県宇佐竜蟹ヶ池における水湿植物の保全に関する生態学的研究の様子

  • 市民参加型緑地保全活動の実践および推進(神奈川県)
  • 「新タンポポ地図」の作成とその環境教育への応用(愛知県)
  • 高知県宇佐竜蟹ヶ池における水湿植物の保全に関する生態学的研究(高知県)
  • 学校緑地にビオトープを導入するための基礎的研究(大阪府)

1995年度

[写真]コアジサシ

コアジサシ

  • 筑波山に炭焼きの里づくり(茨城県)
  • コアジサシの生態調査および保護活動と水辺環境の復元(千葉県)
  • 生活光とホタルの共存について(新潟県)
  • オオサンショウウオの生息状況調査(兵庫県)

1994年度

[写真]子供たちと水生生物との共生をめざす湿地「たんぼ水族館」

子供たちと水生生物との共生をめざす湿地「たんぼ水族館」

  • ジュンサイ再生保全活動による緑の生きものの復元(千葉県)
  • 子供たちと水生生物との共生をめざす湿地「たんぼ水族館」の保全と利用に関する研究(和歌山県)
  • あなたにもできる保全生物学「市民による絶滅危惧植物の保全研究のマニュアルづくり」(長野県)

1993年度

[写真]坪井川遊水池における生態系の復元

坪井川遊水池における生態系の復元

  • 森は海の恋人(宮城県)
  • 森・人・生きもの・地球を緑の輪で結ぶ京都大原野の体験森づくり(京都府)
  • 坪井川遊水池における生態系の復元(熊本県)
  • 十津川村地方における伝統的養蜂の調査研究(島根県)
  • 宮古諸島におけるサシバと緑と人間の親和性を高めるための基礎研究(沖縄県)

1992年度

[写真]農山村エコミュージアムづくりによる都市・農山村の交流

農山村エコミュージアムづくりによる都市・農山村の交流

  • 農山村エコミュージアムづくりによる都市・農山村の交流(東京都)
  • 紀伊半島沿岸におけるウミガメの調査および保護活動(和歌山県)
  • 御前・釈迦岳ブナ・シオジ林の自然とその保全について(大分県)
  • 湧水に生息する生物の生態研究(岐阜県)

1991年度

[写真]ネイチャートレイルの設置活動から村の自然のサンクチュアリー化運動へ

ネイチャートレイルの設置活動から村の自然のサンクチュアリー化運動へ

  • 奥球磨山地に「人間の森」をつくる(熊本県)
  • ネイチャートレイルの設置活動から村の自然のサンクチュアリー化運動へ(長野県)
  • 谷津干潟保全対応の研究(千葉県)
  • 糸島地方の自然解明とその保護および一般への啓蒙(福岡県)

1990年度

[写真]「望ヶ原天然林」を生かした自然に親しむ活動の様子

「望ヶ原天然林」を生かした自然に親しむ活動の様子

  • 「望ヶ原天然林」を生かした自然に親しむ活動(富山県)
  • 見沼カムバックふるさとプラン(埼玉県)
  • 「帯広の森」野生動物とのふれあいの場づくり(北海道)
  • イトウのすめる森づくり(北海道)
  • ホタルの生息する人里の水系環境保全と人間活動の調和(神奈川県)

1989年度

[写真]荒廃したサンゴ礁を復元するサンゴ移植活動

荒廃したサンゴ礁を復元するサンゴ移植活動

  • 寒風山「風雪の森」づくり活動(秋田県)
  • 花いっぱい鳥いっぱいの森づくり(熊本県)
  • 荒廃したサンゴ礁を復元するサンゴ移植活動(沖縄県)
  • トロッコ道に見る霧島連山百年の変還について(鹿児島県)
  • 裏磐梯湖沼群の生態と自然保護教育への活用に関する研究(福島県)

1988年度

[写真]雑木山から生活文化を問い直す活動の様子

雑木山から生活文化を問い直す活動の様子

  • 「いろりの里」生活原体験および自然観察会(長野県)
  • 雑木山から生活文化を問い直す(滋賀県)
  • 野外博物館「山の子村」の保全と活用(長野県)
  • 「市民による雑木林の保全・管理」のテキストづくり(大阪府立大学)
  • 神社の社叢における神樹の調査研究(日本地名研究所)

1987年度

[写真]自然の宝庫・桶ヶ谷沼

自然の宝庫・桶ヶ谷沼

  • ギフチョウが舞い、サギ草の咲き乱れるコウヤマキの森づくり(島根県)
  • 自然史博物館「嵐山自然と文化の森」の保全と活用(北海道)
  • 自然の宝庫・桶ヶ谷沼を活かしたまちづくり(静岡県)
  • 飛騨山脈の自然生態調査と一般登山活動での自然学習のあり方(岐阜県)
  • 緑と人間の親和性を高める環境絵本づくり(熊本大学)

1986年度

[写真]ドングリ一粒運動の様子

ドングリ一粒運動の様子

  • 自然と芸術の森づくり(大阪府)
  • ドングリ一粒運動による広葉樹林の育成(岐阜県)
  • 歴史的居住環境の保存と利活用に関する研究(長野県)
  • 伝統的な人里環境の生態学的研究(神奈川県)

1985年度

[写真]子供たちのフォレスト・ファーミング

子供たちのフォレスト・ファーミング

  • 子供たちのフォレスト・ファーミング(長野県)
  • 屋敷林の保全と活用(大阪府)
  • 明神地域の保全・活用に関する生態学的研究(神奈川県)
  • 知床の大型野生動物の生態と自然教育への活用に関する研究(北海道)

1984年度

[写真]オオムラサキの森づくり

オオムラサキの森づくり

  • オオムラサキの森づくり(埼玉県)
  • 自然を守り生かす青少年の森づくり(青森県)
  • 社寺林の保全・管理に関する法学的研究(東京都立大学)
  • リスのいる森づくり(東京都)


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る