ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


環境に配慮した製品・サービスの開発と普及

 

富士フイルムグループでは、すべての製品において調達、製造、輸送、使用、廃棄に至る製品のライフサイクル全体を考慮し、設計段階から気候変動対応(省電力など)、省資源・資源循環(リデュース・リユース・リサイクル)、化学物質のリスク低減、生物多様性保全、などの観点で環境品質目標を設定、開発後に目標達成度を評価する環境配慮設計の仕組みに基づき、環境に配慮した製品開発を行っています。さらに材料や機器単体のみならず、ソフトウエアやソリューションまで拡大し、社会全体での環境負荷低減への貢献に努めています。また、LCA(*1)による環境負荷の定量的かつ客観的な評価とともに、環境ラベルも活用し、積極的な情報発信を進めています。

*1 LCA:ライフサイクルアセスメント

富士フイルムグループ「Green Value Products」 認定制度

富士フイルムグループは、2030年度をターゲットとしたCSR計画「サステナブルバリュープラン(SVP)2030」での、「製品・サービスによる社会での環境問題解決への貢献」を進めるにあたり、従来から実施している環境配慮設計の社内規則に、製品の環境価値を明確にし、優れた製品を環境配慮製品として認定する「富士フイルムグループ Green Value Products認定制度」を2018年度より導入しました。

[ロゴ]FUJIFILM group Green Policy

(認定マーク 表示例)

本認定制度では、製品のライフサイクル視点で、製品の用途や特徴に合わせて評価の重みづけを変える「製品群別の評価基準」を設定しています。この評価基準に沿って、製品開発時の環境配慮設計アセスメント(評価)により製品の環境価値を明確化し、各評価項目の総合評価点によって認定製品が選定されるしくみです。選定された候補製品は、全社「認定審査会」での審査・承認プロセスを経て、富士フイルムグループ「Green Value Products 」として認定されます。
また、制度内容は、客観性、信頼性、透明性を担保するために、国際標準であるISO14021自己宣言ラベルに準拠すると共に、社外の有識者から意見をいただきながら進めています。制度をスタートするにあたっては、東京都市大学 伊坪先生にご助言をいただきました。

■認定制度の運用組織と認定までの流れ

【図】認定制度の運用組織と認定までの流れ

「Green Value Products」の評価項目

製品のライフサイクル全体を考慮し、「気候変動対策」「省資源・資源循環」「化学物質のリスク低減」「生物多様性」 などの環境項目を網羅的に評価、事業や製品分野ごとに、社会要請も踏まえ、各評価項目の重みを変えた認定基準を設定しています。

【図】「Green Value Products」の評価項目

「Green Value Products」の認定製品ランク条件

環境負荷低減への貢献度により、3段階(ダイヤモンド、ゴールド、シルバー)の認定ランクに分け、製品を認定しています。

【図】認定製品ランク条件

ランク名 認定条件
ダイヤモンド 業界における革新的な技術を用いた大幅な環境負荷低減に貢献する
製品・サービス
ゴールド 業界トップレベルで環境負荷を低減する製品・サービス
シルバー 業界の標準レベル以上で環境負荷を低減する製品・サービス


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る