ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


調達方針

 

富士フイルムグループは、先進・独自の技術をもって、お客様に最高品質の商品やサービスを提供していくために、自社の努力・研鑽はもちろんのこと、お取引先とのパートナーシップを大切にしながら、公正な調達取引をしていきます。

富士フイルムグループ 調達方針

富士フイルムグループはお取引先と相互信頼を築きつつ、次のような基本的考え方に従い調達を行います。

  1. 法令や社会規範を順守し、人権、環境、労働安全衛生などに充分配慮した公正な取引に努めます。
  2. 国内外のすべてのお取引先に調達取引の機会を提供し、新規のお取引先からの調達も積極的に検討します。
  3. 品質、価格、納期、技術力、CSRへの取組み、事業継続性などの視点から総合的に選定された、優良かつ信頼性の高いお取引先と調達取引を行います。

なお、本方針における「調達」は、製品に使用する部品・材料の調達のみならず、間接材の調達や設備などの保守・管理サービスなども含めた各種取引を対象とします。

調達におけるお取引先へのお願い

富士フイルムグループでは、社会的責任や企業倫理の重要性を認識した事業活動を、自社のみならず、お取引先にもご理解いただき、共に発展していくことを目指し、公正な取引の実践とお取引先とのパートナーシップ強化を推進していきたいと考えています。

富士フイルムグループがパートナーシップを築きたいと考えるお取引先は、法令や社会規範を順守するとともに、以下の「重要なCSR項目」に含まれる内容に積極的に取り組んでおられる企業です。

本内容は、富士フイルムグループで徹底している企業行動憲章、行動規範に沿ったものですが、今後、皆様とのコミュニケーションや社会環境の変化に伴い適宜見直してまいります。是非、貴社の取組みにご活用いただきたく、ご協力をお願いいたします。

「重要なCSR項目」

基本的人権の尊重

【基本的人権の尊重】
法令や国際的な基準に従い、基本的人権を尊重する。また、自社の活動が直接的あるいは間接的に人権侵害の原因とならないよう配慮する。

【差別の排除】
民族や人種、宗教や政治的信念、思想信条、性別、出身や家柄、障がい、年齢などを理由とする差別をしない。

【非人道的な扱いの禁止】
個人の尊厳を傷付ける行動(セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントなど)その他一切の非人道的な扱いを行わない。

【労働者の権利】
労働者の団結権や、団体交渉の権利を尊重する。

【強制労働と児童労働の禁止】
いかなる強制労働、および児童労働にも関与しない。

【長時間労働の抑制】
従業員の健康に配慮し、長時間労働の抑制に向けた取り組みを行う。

【賃金】
従業員に対して、法令で定められた最低基準以上の賃金を支払う。

【プライバシー】
従業員やお客様に対し、業務や取引に関係のない私生活に関わる情報を収集しない。

【労働安全衛生】
労働安全衛生に関する法令を順守し、労働災害の予防、従業員の安全と健康増進、快適な職場環境の形成に取り組む。

オープン、フェア、クリアな事業活動

【積極的なコミュニケーション】
取引先、および従業員からの期待や要請を認識し、これに応えるため、積極的なコミュニケーションに努める。

【情報開示】
事業活動、財務状況などの企業情報を改ざんや虚偽なく開示し、説明責任を果たす。

【公正取引】
公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行う。

【優越的地位の濫用禁止】
優越的な立場を濫用して取引先に不利益を負わせることをしない。

【腐敗防止】
公務員や政府関係者との関係において、慎重かつ細心の配慮をもって臨み、贈収賄に関与しない。

【不当な利益提供】
取引先に対して、公正さを疑わせる贈答品の授受や接待を行わない。

【反社会的勢力との断絶】
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体との関係を排除する。

【輸出入法令の順守】
すべての貨物・役務の輸出入や、これらに関する技術情報(ソフトウェアや技術指導を含む)の社外への開示に関し、各国の輸出入関連法令を順守する。

【品質・製品安全】
製品・サービスを市場に提供するにあたり、品質と安全に十分に配慮する。

【秘密情報の保護】
自社および取引先に関する秘密情報を適切に管理・保護する。

【知的財産権】
他者の知的財産権を尊重する。

【個人情報】
個人情報について、その収集、記録、管理、利用、廃棄を適切に取り扱う。

環境の保全、保護

【グリーン調達推進】
富士フイルムグループ各社が定めるグリーン調達に関する基準を順守し適切な製品含有化学物質管理および環境保全に向けての体制作りと活動を行う。

【地球温暖化防止】
地球温暖化防止に向けて、温室効果ガス削減など諸施策に取り組む。

【廃棄物規制】
3R(廃棄物の発生抑制、再使用、再資源化)を積極的に推進するとともに廃棄物処理に関する法令を順守する。

【環境汚染防止】
大気汚染、水質汚染、騒音、振動、悪臭、土壌汚染などを防止するため、環境法令を順守する。

【天然資源の保全】
水、森林など天然資源の持続可能な利用と生物多様性の保全のため、利用制限や浄化活動など諸施策に取り組む。

マネジメント体制・仕組みの構築

【マネジメントシステム】
労務・倫理、労働安全、環境保全、品質管理などに関するマネジメントシステムの国際的な基準や規格を参考にして、リスク管理を含む事業活動の点検・改善の仕組みづくりをする。

【社内外への周知】
従業員、協力事業者並びに事業推進上関連するステークホルダーに対して、CSR推進の重要性を周知する。

「調達におけるお取引先へのお願い」に関するQ&A

Q: 取引先だけがこの「重要なCSR項目」に取り組まなければならないのですか?

A: これら項目のほとんどは、富士フイルムグループで徹底している企業行動憲章、行動規範に記載されており、それ以外の項目も、重点課題として富士フイルムグループ内で活動を推進しています。今回、富士フイルムグループ内で推進している活動につきまして、お取引先にもより具体的に活動していただけるようお願いするために、ご案内をしています。

Q: この「重要なCSR項目」に取り組んでいない企業とは、調達取引をしないということですか?

A: 直ちに取引中止の唯一の理由とすることはせず、まずは富士フイルムグループとお取引先が協働して改善策を検討します。ただし、例えば法令違反など極めて重大な問題がある場合や、繰り返し改善をお願いしてもご協力いただけない場合は、相互信頼を構築することは難しいため、総合的に取引を判断します。

Q: 取引先が「重要なCSR項目」に取り組んでいるか、どうやって把握するのですか?

A: 取引開始時、あるいは取引中に、お取引先に対し、書面での自己評価を依頼することがあります。また、状況に応じ、訪問することもあります。

調達に関わるグループ各社の方針や基準

富士フイルムグループ各社が独自に設けている方針や基準、業界指針や基準もございます。
詳細は各事業会社の調達担当にお問い合わせください。

関連情報

富士フイルムは環境・社会に配慮した購買に取り組んでいます。

富士ゼロックスは取引先をパートナーと位置づけ、良好な関係を構築しています。

公正な企業活動を営むための5つの原則。

「オープン、フェア、クリア」を基本とした、わたしたちのルール。

富士フイルムグループは、企業とステークホルダー双方の視点に基づきCSR課題を検討し、重点課題の設定と具体的な施策を通して、CSR活動を推進しています。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る