ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します



お知らせ

 

世界の代表的な社会的責任投資指標に選定

2015年11月17日

富士フイルムホールディングス株式会社

富士フイルムホールディングス株式会社(社長:中嶋 成博)は、このたび世界の代表的な社会的責任投資指標(SRI Index)であるDow Jones Sustainability World Index (DJSI World)の構成銘柄に選定されました。

DJSIは、米国のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が共同で開発した株式指標で、経済・環境・社会の3つの側面から企業の持続可能性を評価するものです。世界2,500社のうち上位約10%の企業が「DJSI World」に選定されます。2015年度「DJSI World」には世界317社、日本企業20社が選定されました。当社は、そのうちの1社に選ばれると同時に、アジア太平洋地域の企業を対象にする「DJSI Asia Pacific」にも選定されています。また、所属する業種において最高スコアを獲得し、Industry Leaderになりました。

[ロゴ]MEMBER OF Dow Jones Sustainability Indices

富士フイルムグループは、グループの経営の根幹となる目標として「サステナブル バリュー プラン(Sustainable Value Plan)2016」を昨年スタートさせ、この目標に基づき、さまざまな活動や事業創出を進めています。今後も社会課題の解決を事業成長の機会と捉え、社会課題解決のための新たな価値を提供し続けることにチャレンジし、“社会の持続可能な発展”と“企業価値向上”に努めていきます。

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

関連情報

関連情報更新日 2015年11月17日

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る