ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


富士フイルムグループ 企業理念

 

企業理念 ~富士フイルムグループの不変の価値観~

わたしたちは、先進・独自の技術をもって、
最高品質の商品やサービスを提供する事により、
社会の文化・科学・技術・産業の発展、健康増進、環境保持に貢献し、
人々の生活の質のさらなる向上に寄与します。

わたしたちは、先進技術・独自技術の融合、差別化技術の創出により、新たな価値を創造し、お客さまに満足と信頼をいただける最高品質の商品、サービスを提供し続けていきます。

そして、それによって、従来規定してきた『映像と情報』の範疇を超え、社会の文化・科学・技術・産業の発展、さらに、人々の健康や地球環境の保持にも貢献していきます。

その継続的な企業活動が、「世界中の人々が、物質面だけではなく精神面の豊かさや、充実感、満足感を持ちながら人生を過ごしていける」社会の実現に大きく寄与することを使命ととらえ、新たな企業理念を定めています。

ビジョン ~富士フイルムグループが目指す姿~

オープン、フェア、クリアな企業風土と先進・独自の技術の下、
勇気ある挑戦により、新たな商品を開発し、
新たな価値を創造するリーディングカンパニーであり続ける。

わたしたちは、誠実・率直な客観的事実認識と合理的判断のできるオープン、フェア、クリアな職場風土を作り上げ、常に勇気をもって挑戦していきます。

わたしたちは、このような企業風土のもとで、当社の持つ先進技術・独自技術をさらに磨き、お客さまに満足と信頼をいただける新たな商品、サービスを開発し、新たな価値を創造し続ける企業、フロンティアとして常に先頭を走る活力に満ちた企業であり続けます。

上記の「富士フイルムグループ企業理念・ビジョン」の精神を国内外のグループ全従業員に浸透させるべく、わたしたちは「富士フイルムグループ企業行動憲章・行動規範」を定めています。企業行動憲章・行動規範の制定・改定は、富士フイルムホールディングス株式会社 CSR委員会で採択され、取締役会に報告されます。

公正な企業活動を営むための6つの原則。

「オープン、フェア、クリア」を基本とした、わたしたちのルール。


企業行動憲章・行動規範の策定にあたり参照した国際ガイドラインなど

  • 国際人権章典
  • ILO中核的労働基準
  • 国連グローバルコンパクト(UNGC)10原則
  • 国連ビジネスと人権に関する指導原則
  • ISO26000
  • 子供の権利とビジネス原則
  • 腐敗の防止に関する国際連合条約
  • 持続可能な開発目標(SDGs)
  • レスポンシブル・ケア世界憲章
  • パリ協定
  • OECD多国籍企業行動指針
  • 電子業界CSRアライアンス(RBA)行動規範
  • 経団連企業行動憲章2017年版

関連情報

重点事業を中心に、さらなる成長を目指しています。

業界の枠を越えて多彩な事業を展開しています。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る