ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します



ニュースリリース

 

平成27年度知財功労賞「経済産業大臣表彰」を受賞

2015年4月17日

富士フイルムホールディングス株式会社

平成27年4月17日、富士フイルムホールディングス株式会社(社長:中嶋 成博)は、経済産業省 特許庁より、平成27年度知財功労賞において「経済産業大臣表彰」を受賞いたしました。

知財功労賞は、知的財産権制度の発展、および普及・啓発に貢献のあった個人や、制度を有効に活用して円滑な運営・発展に貢献した企業を選出し、経済産業省 特許庁が毎年、表彰するものです。

当社の主な受賞のポイントは以下の通りです。

■ 急速なデジタル化の進展による写真フィルムの需要減に直面するなかで、「第二の創業」を目指し、保有技術を軸に、化粧品・医薬品など、事業の多角化を推進。各事業に即した知財活動を目指し、事業部毎に知財戦略書を作成し、事業部・RD部門と三位一体になった活動を展開した。

■ 写真フィルムのベースに使われていたTACフィルムを液晶ディスプレイの偏光板用保護フィルムに応用するなかで、TAC製膜技術において、積極的な特許の出願とノウハウ秘匿という「オープン・クローズ戦略」を推進した。特許の出願に関しては、製造工程毎に複数の発明を創出し、強靭な特許ポートフォリオを構築した。

■ 海外メーカーから提起されたデジタルカメラ特許侵害訴訟において、最後まで戦い抜く姿勢を貫き、控訴審で勝訴判決を得ることに成功した。他社の知的財産権を尊重する一方で、権利範囲を不当に拡大解釈し、権利行使を行う特許権者に対して、断固とした態度で臨む姿勢を示した。

富士フイルムホールディングスは、コーポレートスローガン「Value from Innovation」のもと、事業貢献度の高い知的財産の構築にグループ全体で取り組んでいます。今後も、企業活動により生まれた知的財産権の保護・活用をグローバル規模で積極的に進めるとともに、世界中のお客さまの真のニーズを徹底的に追求し、先進・独自の技術で、社会に価値ある商品やサービスの提供を通じて、社会課題の解決に貢献していきます。

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。

  • 報道関係 富士フイルムホールディングス株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  • TEL 03-6271-2000
  • その他お問い合わせ 富士フイルム株式会社 知的財産本部
  • TEL 03-6271-3183

富士フイルムグループ各社のニュースリリース一覧

各社単独のニュースリリースは、下記ページにてご覧いただけます。

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

関連情報

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る