ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します



サステナビリティレポート2008 中国でのCSR活動

 

※このページはサステナビリティレポート2008の記事内容です。

中国サイトのCSR活動報告(サマリー)

2006年3月、富士フイルムは「CSRチェックシート」によりグループ各社(国内外37社)のCSR活動状況(*1)の分析を行い、地域性や業務形態に応じて取り組むべきCSR課題を整理しました。2006年10月には持株会社制へ移行しましたが、すでに2年を経過し、構造改革の推進などにより富士フイルムグループの事業構造は大きく変化しています。特に、中国のグループ各社では、中国の経済発展に伴い、組織や人員の規模が急激に拡大しました。このため、2008年5月に富士フイルムホールディングスとして中国で事業展開する主要なグループ会社に対して、CSR推進状況の調査を行いました。本レポートでは、各社の概要と経営者のメッセージに加え、CSRの取り組み状況をご報告します。

  • *1 ガバナンス・コンプライアンス、人事・雇用・次世代の育成、労働安全衛生・防災、リスク管理、資材調達、顧客対応、環境保全活動、社会貢献活動の8分野

CSR活動状況の分析

[図]CSR活動状況の分析

STEP 1 事前情報把握

「CSRセルフチェック」シートを配布し、その回答結果からCSR活動の概要を事前に把握しました。「CSRセルフチェック」の内容は、「サプライヤーセルフアセスメント(EICC)」や「サプライチェーンCSR推進ガイドブック(JEITA)」などを参考にし、『環境管理』、『労働安全衛生』、『雇用・人権』、『調達』、『人材の育成』、『社会貢献活動』の6分野から構成されています

[図]「CSRセルフチェック」シート

「CSRセルフチェック」シート

STEP 2 現地調査の実施

「CSRセルフチェック」の回答結果を踏まえ、トップインタビュー、現場担当者へのヒアリング、資料の閲覧やサイト内(環境関連施設、燃料/化学物質管理保管施設、場内作業場および厚生施設設備)を見学しました。

STEP 3 CSR推進策の検討

2008年度下期に、Step1とStep2を踏まえて、CSR推進施策を検討していきます。

現地調査を終えて

富士フイルムホールディングス 総務部 CSRグループ
担当課長 菱田豊彦
担当課長 五所亜紀子

環境管理、労働安全衛生管理については、各社とも日本の工場と同程度の管理レベルで実施しており、緊急を要する是正事項はありません。2008年1月に中国で施行された「労働契約法」に対して、各社は、労働時間の管理などを徹底すべく、就業規則の改訂作業や管理者教育を進めています。社会貢献活動や調達先管理については、各社の取り組みレベルが異なっている一方で、共通の課題は、「人材の育成」と「離職率の低減」です。教育研修の充実やボランティア活動を活用して従業員の帰属意識を向上させ、離職率の低減に効果を出している例もあり、富士フイルムホールディングスとしても優れた事例の展開を促していきます。また、中国で事業展開する各社が、グループ内や社外とのコミュニケーションを活発にしてCSR活動を推進してもらえるよう、現場の状況を直接把握しながら、支援していきたいと思います。

[写真]2008年5月に実施した現地調査の様子

2008年5月に実施した
現地調査の様子

[写真]2008年5月に実施した現地調査の様子

2008年5月に実施した
現地調査の様子

[写真]2008年5月に実施した現地調査の様子

2008年5月に実施した
現地調査の様子


※このページはサステナビリティレポート2008の記事内容です。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る