ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します



サステナビリティ会計 2017年度報告

 

※このページはサステナビリティレポート2018の記事内容です。

環境会計

2017年度の概要

対象期間

2017年度(2017年4月1日〜2018年3月31日)

集計範囲

富士フイルムグループ国内69社(富士フイルムホールディングス、富士フイルム、富士フイルムの関係会社20社、富士ゼロックス、富士ゼロックスの関係会社46社)

基本事項

環境会計の目的

  1. 社内外の関係者に、物量面、経済面の定量化された正しい環境情報を提供すること。
  2. 経営者層及び事業場統括者の意思決定に役立つ、数値化された環境情報を提供すること。

集計方法

参考にしたガイドライン:環境省発行「環境会計ガイドライン(2005年版)」

  1. 減価償却費は、3年間の定額償却によって算出しています。
  2. 環境保全以外の目的が含まれているコストは、支出目的による按分計算により集計しています。
  3. 社内への経済効果:汚染賦課金、エネルギー、原材料、水などは前年度との差額、回収、リサイクルなどは当該年度の実質的効果金額を計上しています。
  4. 社外への経済効果:SOx、VOC、CO2については前年度との差額、リサイクルについては、当該年度の推定的効果金額を計上しています。

※数値は四捨五入したものがあるため、内訳の合計が総数と合わない場合があります。

環境会計

環境保全コスト

(単位:百万円)
  設備投資 費用
(年 度) 2016 2017 2016 2017
1. 事業エリア内コスト 1,899 1,086 5,429 5,762
(1)公害防止 291 376 1,430 1,411
(2)地球環境保全 1,589 709 2,294 2,192
(3)資源循環 19 2 1,704 2,159
2. 上・下流コスト
市場からの回収
0 9 6,555 7,002
3. 管理活動コスト 23 47 11,375 10,736
4. 研究開発コスト 657 1,369 10,534 9,533
5. 社会活動コスト 0 0 217 115
6. 環境損傷対応コスト
汚染賦課金
2 3 32 28
合 計 2,581 2,513 34,143 33,176

環境保全効果(社内への経済効果)

(単位:百万円)
  社内への経済効果
  (年 度) 2016 2017
1. 事業エリア内コスト      
(1)公害防止 汚染賦課金の削減 0 5
(2)地球環境保全 省エネルギー 4,009 485
(3)資源循環 原材料削減 5,662 6,261
水資源削減(*5) 890 331
回収・リサイクル
619 1,622
高分子材料 296 318
アルミ材料 113 150
その他 1,568 182
2. 上・下流コスト市場
市場からの回収
下取り機器からの部品回収 7,273 8,036
3. 管理活動コスト      
4. 研究開発コスト      
5. 社会活動コスト      
6. 環境損傷対応コスト
汚染賦課金
     
合 計   20,430 17,391

環境保全効果(社外への経済効果)

(単位:百万円)
  社外への経済効果
  (年 度) 2016 2017
1. 事業エリア内コスト      
(1)公害防止 SOx排出削減(*1) 0 0
SOx排出削減量 -11t 4t
NOx排出削減量 55t 81t
VOC排出削減(*2) 25 −32
VOC排出削減量 70t −92t
(2)地球環境保全 CO2排出削減(*3) 35 16
CO2排出削減量 57千t 11千t
(3)資源循環 リユース・リサイクル
による産業廃棄物削減(*4)
15,219 14,450
削減量(*6) 152.2千t 144.5千t
アルミ原材料の再利用CO2排出削減量 15 37
2万t 2万t
2. 上・下流コスト
市場からの回収
     
3. 管理活動コスト      
4. 研究開発コスト 詳細は下記の「お客さまへの効果」を参照。 107,591 119,754
5. 社会活動コスト      
6. 環境損傷対応コスト
汚染賦課金
     
合計   122,885 134,225
  • ※1 SOX排出削減:6.4円/t
    米国環境省の2018年3月のSOX排出権オークションの落札価格 0.06ドル/t
  • *2 VOC排出削減:350千円/t
    (社)産業環境管理協会「有害大気汚染物質対策の経済性評価報告書」平成16年2月
  • *3 CO2排出削減:1,510.4円/t
    (2018年3月 EU排出権2018年先物取引価格 11.54ユーロ/t)
  • *4 廃棄物埋め立て処理コスト:100円/kg
  • *5 上水200円/t、下水200円/t
  • *6 廃棄物発生量のうち再資源化量および有価物量

お客さまへの効果

お客さまへの効果は、お客さまが購入いただいた新製品を使用した場合と、お客さまが旧製品を使用した場合の環境負荷量を比較して、効果を金額に換算したものです。

2016年度のお客さまへの効果の合計は、前年度に比べて44億円(約4%)の減少となりました。製版フィルム不使用のPS版での効果減少により、お客さまへの効果が減少しました。

(単位:百万円)
製品 金額
2015年度 2016年度 2017年度
1. 高密度磁気記録材料 5,086 7,196 7,165
2. 製版フィルム不使用のPS版 75,384 66,267 83,506
3. 液晶ディスプレイ用フィルム 5,081 5,527 4,120
4. オフィスプリンター 26,482 28,601 24,962
合計 112,033 107,591 119,754


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る