ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


環境

 

※このページはサステナビリティレポート2015の記事内容です。

<トピックス2> 飛躍的に環境性能を高めたオンデマンド印刷機「Versant™2100 Press」

[重点課題1]

[写真]高生産性と小型・低コスト・軽量化を実現したデジタル印刷機

高生産性と小型・低コスト・軽量化を実現したデジタル印刷機

富士ゼロックスは、お客様先におけるCO2排出量を2020年までに年間700万トン削減という目標を掲げ、地球温暖化に与える影響を最小限に抑える商品・サービスの開発・提供に取り組んでいます。

印刷業界に向けては、必要な出力部数を必要なタイミングでプリントできることで印刷物の在庫低減が可能となり、廃棄する用紙が抑制できるオンデマンド印刷機を、業界に先駆けて提供してきました。2014年5月に販売開始したカラー・オンデマンド・パブリッシングシステム「Versant™2100 Press」は、毎分100枚の印刷生産性と小型化を両立したベルトロール定着器を新開発することなどで、従来商品とほぼ同等の機能を保ちながら、当社従来機と比較し約50%の体積・質量を実現しています。この質量削減分をCO2排出量に換算※すると、1台あたり3,738kg-CO2の削減となります。今後も、環境負荷低減と多品種小ロットに対応するデジタル印刷機を、アジア・パシフィック各国に展開していく予定です。

なお同商品はこうした性能が評価され、第11回エコプロダクツ大賞においてエコプロダクツ部門の最高賞である「経済産業大臣賞」(エコプロダクツ大賞推進協議会)、2014年度グッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しています。

※CO2排出量に換算:商品を構成する素材や部品の製造・運搬にかかるCO2発生量。算出にあたっては機器の質量からCO2を算出する当社独自の原単位を使用

※このページはサステナビリティレポート2015の記事内容です。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る